SEO対策は検索エンジンを騙すことではない

SEO対策とは、検索エンジンの検索ロボットに認識をさせる事であって、検索エンジンを騙す事ではありません。内部対策や外部対策を、アルゴリズムに合わせて最適化することによって、検索エンジン検索結果を上位表示することができます。ホームページやネットビジネスにとって、SEO対策は必要不可欠です。趣旨としては、スーパーなどで特売品があって、それを広告やチラシを使って宣伝をするのと同じことです。関連したキーワードで、ユーザーが最適な検索結果を求めている事に対し、答える行動です。しっかりとしたSEO対策を実施することによって、yahooやgoogleの検索ロボットに、正確な情報をきちんと伝えて、検索キーワードに当てはまっている内容という事を伝えるための手法です。それを認識してもらう事によって、関連性の少ない検索結果の順位が下位表示になり、関連性の高い検索結果が上位表示をされます。それこそが検索結果の正当な役割をはたしていると言っても過言ではありません。どんなに良いホームページやサイトを作っても、ユーザーが訪問(アクセス)してくれなければ意味がありません。それはホームページやサイトの管理者にとっても、そのキーワードで検索をしているユーザーにとっても不利益な事です。適切なワードに、適切な検索結果を出します。この対策をするのとしないのとでは、目に見えてわかるほど効果が歴然と現れます。良い物を多くの方に宣伝できます。

Bookmark the permalink.

Comments are closed